タグ:ハンスト ( 1 ) タグの人気記事

笑顔と優しさとありがとうがいっぱい!若者たちの「脱原発」ハンガーストライキ

9月11日から21日までの10日間、霞ケ関の経済産業省前で19歳から22歳の若者4人が「脱原発」を訴えるハンガーストライキを行っています。
メンバー:岡本直也さん(20)、米原幹太さん(21)、関口詩織さん(19)、山本雅昭さん(22)

彼らもとには老若男女とわず、ひっきりなしに人が訪れ、
激励の声をかけたり、足を止めて原発の話をしたり・・・

「脱原発」を国に訴える「ハンスト」と聞くと、
物凄く物々しい印象を受けますが、
いいえいいえ、そんなことないんです♪

みんな笑顔!
※本当は空腹と疲労で辛いと思いますが・・・

山本雅昭さん(左)関口しおりさん(右)
a0234688_3584773.jpg


ハンストをしている若者4人も、彼らをサポートしているスタッフも、
彼らの元を訪れ声をかける人達も、みんな明るい
そして、みんなお互いにいたわり合い、
「ありがとう」がたくさん聞こえてくる素敵な空間なんです♪

僕もしばらく彼らと話をさせてもらいましたが、
彼らはみんな「素敵な若者」です。
心がとてもとてもオープンで、
素直で優しくて、純粋に真剣に将来のことを想っている。

だから、まわりに人が自然に集まってきているんだろうなと、
そんな風に感じました。


メディアからの取材も連日受けているとのことで、
東京新聞、イギリスのフィナンシャル・タイムズ、フランスのル・モンド、
東洋経済オンライン、田中龍作ジャーナル、OurPlanetTVなどに
既に取り上げられ、
NHK、TBS、朝日新聞からも取材を受けたということでした。

著名な方々も激励に駆けつけてくれているそうで、
私が経産省前を訪れた26日だけでも、
俳優の山本太郎さん、女優の木内みどりさん

そして、吉本興業所属夫婦音曲漫才おしどりさん
が取材にきていました。


笑顔の「脱原発」ハンガーストライキが、
もっともっと多くの方に知られて、
もっともっと多くの方たちが、
原発について、エネルギーについて、
日本の、世界の将来を想うきっかけになったら素敵なだと思います♪

a0234688_3584094.jpg
a0234688_3582041.jpg
a0234688_3583363.jpg


ハンストは9月21日(水)17時半まで続けるそうですので、
お時間のある方はぜひ応援に行ってみてくださいね。
場所:経済産業省 正門周辺(東京メトロ霞ケ関駅A12出口付近)
時間:8:00~17:30

将来を想うハンガーストライキ HP




人の命を傷つけてまで、作られる電気はいらない。

ハンストメンバー唯一の女性関口しおりさんの言葉
「原発は、ウランを採掘する時から人々を放射線に被曝させている。
福島原発の事故後にもたくさんの人が被曝してしまっているし、
事故がなくても原発が存在するだけで、近くの住民は被曝してしまう。
被曝によって人の命が傷つけられてしまっている。
人の命を傷つけてまで、作られる電気はいらない。」


電気を点けるだで、何十万人の人が苦しんでいる

東京の大学生 どっきょ こと山本雅昭さん
「原発を人の命の問題として考えている。
猛毒(放射性物質)をつかって発電し、
そして猛毒(核廃棄物)を生み出す。
その猛毒を安全に捨てる方法はない、
でもどこかに捨ててしまえと、どこかだけに毒を押し付け、
そこの人達だけが苦しむ。
そのことが僕は耐えられない。

そして、地震の多い日本で原発は無理だと思う。
例えば、いつもグラスに水がいっぱいに入ったような状態で、
ちょっとでも揺れたらあふれてしまう・・・
1000年に1度の大地震と言われたりもしていたが、
僕にはいつ水があふれてもおかしくないように感じられる。

僕達が電気のスイッチをいれるだけで、何十万人の人が苦しんでいる
ウランの採掘、原発周辺の住民、原発労働者。。。
たくさんの人が毒を浴びてまで作られた電気は、僕はいらない。」


大多数の無関心の中のひとりであった自分の罪でもある

同じく山本さん
「原発は、今まで大多数の国民が無関心であったために
たくさん作られてしまったように思う。
政府は無関心な国民の声をわざわざ聞きに来てくれるものではない・・・
震災まで、自分も原発には無関心だったし、考えたこともなかった
だから自分にも無関心であったという罪はあると思う。

はじめは、なんでこんなもん作ったんだよ〇〇
みたいに、個人名や固有名詞をだして怒りをぶつけたい心境だったが、
そんなことを言っていても、誰にも共感してもらえないし
問題を解決することはできない。
だから、今は怒りはない
でも、悲しい。」


怒りではなく許すことで前に進みたい

しおりさん
「若狭湾で原発の問題にずっと取り組んでいる樹心さんは、
怒りや批判ではなく、許すという気持ちや愛をもつことで、
行政の方たちの心が変わり、良い関係を築きあげた。
その話を聞いて、私たちも同じようにすれば前に進めるのではと
考えるようになった。

脱原発、エネルギー問題に関して
具体的な解決策までは、まだわからないが
良いイメージは持てるようになってきた。

誰かが悪い、誰かが敵であるとかではなく、
みんながひとつであるという
意識で進んでいけたらと思う。

でも、例えば交通違反をした人は
罰金を払わなければいけないように、
これまで原発を推進してきた人達は、
福島原発の事故で被害を受けられた方々、
被曝された方、避難しなければならなくなった方などへは、
できる限りの補償はするべきだと思う。」

岡本さん
a0234688_3585430.jpg


最後に、岡本さんが言っていたことを・・・
「このハンガーストライキをやったからって、
すぐに原発がなくなるわけでもないし、
何かが変わるとも思っていない、
でも、ひとりでも多くの人が
この問題を考えるきっかけになったら、
社会は変わっていけると思う。」


現実を見つめると、なんか崩せそうにない壁があるように見えて、
ちょっと絶望的な気分にもなってしまいますよね・・・

でも、もし社会が変わるとしたら、
それはまず自分が変わることからはじめる!
そんな風に思います。

明るい若者たち、がんばれ~!
元若者たちも、がんばる!

※米原幹太さんだけ、タイミングがあわずお話できませんでした。
風貌からしてとても興味深い感じの方だったのですが(T_T)
来週また遊びに行けたら、その時はぜひともお話したいです。


ハンストは9月21日(水)17時半まで続けるそうですので、
お時間のある方はぜひ応援に行ってみてくださいね。
場所:経済産業省 正門周辺(東京メトロ霞ケ関駅A12出口付近)
時間:10:00~17:30
将来を想うハンガーストライキ HP
[PR]
by nekotoru | 2011-09-17 04:07 | 原発


普段は猫写真家ですが、たまに小さなメディアになって伝えます。おしどりマコさんケンさんの「自分がメディアになろうぜ」一期生?(仮&非公認)自分で見たこと聞いたこと、感じたままにお伝えします。


by nekotoru

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
福島 飯舘村
チェルノブイリ
原発
福島 避難
福島 動物
福島 支援
放射能汚染
福島 被害
未分類

最新の記事

飯舘村の猫マメの幸せについて
at 2012-06-27 20:57
飯舘村で会った老犬「やっと会..
at 2012-03-13 19:27
「福島を風化させず、日本の未..
at 2011-12-24 12:58
あの日から8ヶ月半、2011..
at 2011-12-02 19:30
あの日から8ヶ月半、2011..
at 2011-12-02 18:58

以前の記事

2012年 06月
2012年 03月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月

タグ

検索

外部リンク

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧