福島で救出された猫たちのために、みんなで協力できること。

三毛猫アーちゃんと中島さん
a0234688_14632100.jpg


三毛猫の子猫カリーナちゃん
a0234688_1463683.jpg


「福島で救出してきた猫のシェルターをやっているんですよ。」
福島浪江町の希望の牧場・吉沢さんの街頭アピールの取材に行った時に、吉沢さんのお手伝いにきていた中島さんの言葉で、福島から救出してきた猫たちが暮らすシェルターが横浜市にあることを知った。

猫の写真を撮るカメラマンとしては、「ぜひ取材をさせて欲しい」とお願いをすると、快く受け入れて頂き、早速おじゃましてきました。

中島さんが猫の世話をしている保護猫シェルターの代表をつとめるのは、「横浜で犬や猫の保護、避妊去勢手術、里親探しなどをしている個人ボランティア」の大網直子さん。
3月11日の震災、それに続く福島第一原発事故後、福島での「犬猫救出プロジェクト」を計画していたジャーナリストの山路徹氏に、ツイッターで「お手伝いできることはありますか?」と話しかけたのをきっかけに、あれよあれよという間に『福島原発20キロ圏内犬猫救出プロジェクト』のチームリーダーとなり、これまでに何度も福島に足を運んでいる。

中島さんは、もともと山路徹氏が代表をつとめるAPF通信と一緒に動き仕事をしていた。その流れでいつの間にかこのプロジェクトの主要メンバーのひとりになっていた。
「今まで犬や猫を飼ったことないんですよ」という経歴ながらも、今や猫のシェルターで猫たちと寝食を共にしている。

取材に伺った日は、猫のシェルターでボランティアをしている大網さんの友人や、ご近所の主婦も訪れていたが、みなさん猫が大好きで終始和やかで暖かい空気に包まれ、とても居心地の良い空間でした。
そのためか、「2時間くらいで失礼しよう」と思っていたにも関わらず、約6時間夕方前までおじゃましてしまいました(^_^;)

三毛猫ミコちゃんとチビ猫カリーナちゃん
a0234688_1505575.jpg


●寄付、フード、里親、一時預かり みんなが協力できること♪

福島では今もたくさんの被災した犬や猫たちが、避難した飼い主と離れ離れになりながら、なんとか命をつないでいます。
震災や原発事故による被害が大きいため、被災した動物の数も膨大であり、継続的に被災動物の保護を行なっていく必要があります。
現時点では、動物の保護については行政が積極的な動きをしていないため、動物保護ボランティアの方たちの活動のゴールは見えていません。
動物保護ボランティアの方たちの善意の行動が大きな役割を果たしています。

しかし、被災ペットたちの救出、保護活動にはお金、物資、人手などが当然必要となります。
わたしたちが、寄付、フードの提供、里親、一時預かり、シェルターでの猫の世話など様々な形で動物保護ボランティアを支援することが、被災動物を救うことにつながります。
一匹でも多くの被災した犬や猫たちが、これから幸せに過ごせるよう、みなさまのご協力をお願いいたします。

大網さんのプロジェクトでも、みなさまからの支援を必要としています!
支援について詳しくは<福島原発20キロ圏内犬猫救出プロジェクト 寄付金募集について>を御覧ください。

つだくん「ご支援よろしくお願いしますにゃん♪」
a0234688_1514775.jpg


●ただいま21ニャンコ♪

人見知りや猫見知り、びびりや家庭内野良ちゃん、猫もいろいろ十猫十色
みんなと交流できた訳ではありませんが、福島で保護された猫もみんなのお家で暮らしているニャンコと、一緒のかわいい存在♪


◯里親さん募集、一時預かりさん募集中のかわいい猫たちフォトギャラリー♪

元の飼い主さんが飼えるようになるまで、元の飼い主さんが見つかるまで、あるいは飼い主さんが事情により飼えなくなったケースなど、猫によって里親さん、一時預かりさんの条件が様々です。
また、保護中の猫たちの情報は日々更新されていきます。
詳しくは<福島原発20キロ圏内犬猫救出プロジェクト>さんまでお問い合わせください。

猫好き、動物好きのみんな力で、一匹でも多くの犬や猫たちを救いましょう!
被災動物の問題は、原発事故が収束をしない現状を見ると、これから長く続く問題です。
テレビや新聞などの大手メディアで取り上げられる頻度は、時間が経つにしたがって少なくなっていくことが予想されます。
しかし、この問題を忘れること無く、みなさまの継続的な支援・応援をお願いいたします。

ムロハラくん 元気なヤングボーイ
a0234688_1525531.jpg


ミコちゃん 超一流猫モデル♪ かわいいポーズ連発♪
a0234688_153207.jpg


母猫マドーナちゃんと子猫カリーナちゃん
マドーナちゃんは、福島で保護された翌日に横浜でカリーナちゃんを出産
a0234688_154346.jpg


カリーナちゃん
a0234688_1545381.jpg


ブーちゃん ブーって顔しているけど、なんだかんだで人懐っこいブー♪
a0234688_1552613.jpg


奇跡の猫モッピー
保護された時の体重1.5kg 三人の獣医さんが「よく生きていたね」と口を揃えた限界ギリギリのガリガリ&ノミだらけのひどい状態・・・生きて保護されたのが奇跡だった。
現在の体重2.5kg・・・まだまだガリガリくん、体長や頭の大きさを見ると本来の体重は5kgくらいかな。がんばれモッピー♪
a0234688_1555176.jpg


三毛猫アーちゃん。特長やたらとスリスリ、人懐っこい♪かわいいよ~この子は(^^)
a0234688_1562120.jpg
a0234688_1563151.jpg


ちょっとビビリのフタバちゃん♪ とっても綺麗な白毛ちゃん♪
a0234688_1565872.jpg


遊び盛りの子猫カリーナちゃん♪
a0234688_1573022.jpg


カリーナちゃん 今がかわいい盛り♪
a0234688_1575559.jpg


牧場のおばあちゃん 祝♪飼い主さんも元へ戻れることになりましたヽ(^。^)ノ
a0234688_1585045.jpg


茶トラ白猫なぎちゃん♪
a0234688_20031.jpg


三毛猫アーちゃん♪
a0234688_201674.jpg


つだくん 顔でかいYO♪
a0234688_202816.jpg


[PR]
by nekotoru | 2011-11-10 02:04 | 福島 動物


普段は猫写真家ですが、たまに小さなメディアになって伝えます。おしどりマコさんケンさんの「自分がメディアになろうぜ」一期生?(仮&非公認)自分で見たこと聞いたこと、感じたままにお伝えします。


by nekotoru

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
福島 飯舘村
チェルノブイリ
原発
福島 避難
福島 動物
福島 支援
放射能汚染
福島 被害
未分類

最新の記事

飯舘村の猫マメの幸せについて
at 2012-06-27 20:57
飯舘村で会った老犬「やっと会..
at 2012-03-13 19:27
「福島を風化させず、日本の未..
at 2011-12-24 12:58
あの日から8ヶ月半、2011..
at 2011-12-02 19:30
あの日から8ヶ月半、2011..
at 2011-12-02 18:58

以前の記事

2012年 06月
2012年 03月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月

タグ

検索

外部リンク

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧